高齢の方が光ファイバーを契約する時には注意しましょう

ここのところ、光ファイバー業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約に関したトラブルが多くなってきています。
この事態を受けて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光ファイバーの契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明らかにしたのでした。
ワイモバイルに乗り換えたなら、携帯料金は今と比べて相当下がると宣伝されているようです。
それでも、本当に安くなるとは断定できません。
さらに、パケ放題のプランがなく、最大でも7GBまでの制限が他社と同じようにあり6千円前後かかりますから、あまりお得に感じないこともあります。
フレッツwi-fiが接続できない時には、一回すべての機器の電源を消してみていちから接続し直してみるといいと思います。
そうしても接続ができない時には、初期設定を洗いざらい見直してみます。
顧客サービスに電話してみれば理解できるように教えてくれますが、電話があまり繋がらないのが玉にキズです。
引っ越しが原因でフレッツ光の利用をやめた時に心構えをしておくことがあります。
戸建て賃貸の場合、ウェブ使用のために工事した回線をどれくらいの量であれば残しても大丈夫なのかチェックがされていないといけません。
その出来事によって撤去にかかる料金が変わってくるからです。

光ファイバーでテレビが映る?フレッツテレビ【地デジ・アンテナ対策】