キャリアアップを目指して転職する看護師が結構いる?

看護師の資格を取得するには一般的に学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。
そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。
その一方で、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習時間が多く設けられているため、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。
ほんの少し前までは一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、ここ最近になって男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。
日常の看護においては、患者の移動の介助をする時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性看護師の活躍する場面は多々あります。
給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより多くの経験を積むことが出来ます。
看護師の立場でだと育児と仕事の両立は難しい課題といえます。
どんなに病院で仕事をしたいと思っても、育児をこなしながら看護師の職責を果たすには、色々な問題が生じてしまいます。
育児と看護師の両立は個人の問題としてではなく医療全ての問題として取り組むことが必要になってきます。

看護師として一般企業へ転職可能?【病院以外の求人探しどう?】